| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 : メニュー一覧
 「コアバリュー」は、消費社会の「生活の質」を維持、向上する付加価値。企業と社員に働く意義を示す共通、普遍の価値基準。
 実体経済循環は、企業優位から市場・顧客優位へパラダイムシフト。企業から「見えなくなった需要」は、市場・顧客の変化として、3つの不確実性に。適切に対処し企業存続を実現。
 「考える」とは、物事の変化を論理的、科学的に「再生」「制御」「予測」すること。製品・サービスの付加価値創造に不可欠。
 パラダイムシフトが企業に迫る3つの不確実性。市場・顧客の変化に追随するプル型全体最適プロセスの再構築で企業存続を。
 需要変動は現場プロセス、ニーズの変化は開発プロセス、不透明な将来は経営プロセスのリエンジニアリングで追随を。
 3つのリエンジニアリング目標を阻害するボトルネック、制約事項を論理的、科学的に特定。全員合意でスムーズな変革を。
 ロジカルシンキングに統合するビジネスプロセスの構造化で、業績達成管理、ボトルネック、制約事項、真の原因を階層化。
 市場・顧客優位の経営環境は、企業優位の全体最適を否定。「見えなくなった需要」の変化に追随する新しい全体最適が必須。
 実体経済循環メカニズムの変化で「需要が見えない」経営環境に。「知識尊重」で「市場・顧客の変化に追随」するとは。
 実体経済社会が消費社会優位にパラダイムシフト、今までの常識が非常識に。物事の本質を見つめる「知識」活用の時代へ。
 知識は、社会を豊にする高付加価値製品・サービスを創造。豊な社会は、争いの無い、永続する地球社会への進化に貢献。
 科学が進歩し、いつか腕時計型の無重力装置で、空を飛べるように。ベルト型のワープ装置で、反物質の宇宙へ行けるかも。
 知識は、企業存続、経済、社会の発展の原動力。成熟期の実体経済社会発展の基礎知識を確認、獲得。
 知識は、繰り返し記憶、再生することで強化。短時間に繰り返される問題で皆さんの知識を補正、強化。
Google
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com