| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 - 人材育成
Knowledge Point - 知識を尊重、優先する知識労働型組織へ
 「考える」とは、物事の変化を論理的、科学的に「再生」「制御」「予測」すること。製品・サービスの付加価値創造に不可欠。
Study Point :
 「考える」とはどういうことかを理解できれば、「考える」ことの楽しさ、成果を獲得することができます。毎日の仕事で、また、毎日の生活で「考える」を実行し、より良い社会の実現に貢献できます。そのためのQ&Aです。
L3一覧:
1. 人材育成の目的とは?
2. 人材育成に必須の学習事項とは?
3. 「考える」は科学的な活動とは?
4. 「考える」を上手く実行する方法とは?
5. 「学習」し、「知識化」するとは?
6. 「考える」ことで不足知識が分るとは?
7. 「考える」は議論を知識尊重でとは?
8. 消費社会の変化を理解する人材育成とは?
9. 「考えた」結果を工業化するとは?
Study Point :
 「考える」とは、物事の変化のメカニズムを科学的に解明し、モデル化することで、変化を再生、制御、予測できるようにすることです。「考える」ことができれば、新しい変化を創造し、将来を予測、制御し、あるいは改善し、企業、社会の発展に貢献することができます。
L3一覧:
1. 「考える」とは何かを考える
2. ナレッジコラボレーションとは
3. 「学習」のメカニズムと効果を考える
Study Point :
 市場・顧客優位の「パラダイムシフト」に追随する「全体最適」の実現を目指すことで、現場、開発、経営の役割は明確になります。明確なコアバリューは、現場、経営、開発の価値観を統一し、「自主性」を引出します。
L3一覧:
1. 「生活の質」向上を目指す人材育成
2. 「考える」能力は、最優先すべき育成能力
Study Point :
 「皆の参加が必要だ」と明確に宣言し、リエンジニアリングを推進することが人材育成の基本です。需要変動、ニーズの変化、不透明な将来に対処する全員参加のリエンジニアリング宣言で、求める人材像を明確にすることです。
L3一覧:
1. まず、企業全体のSense of Urgency醸成を
2. 現場、開発、経営の意識改革カリキュラム
 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com