| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 - リエンジニアリング
Knowledge Point - 3つの目標、最適品揃え、最適PLM、最適経営資源の実現
 需要変動は現場プロセス、ニーズの変化は開発プロセス、不透明な将来は経営プロセスのリエンジニアリングで追随を。
Study Point :
 市場・顧客の様々な変化に迅速、タイムリー、的確に追随するプル型経営を実現するのが、企業存続を実現するリエンジニアリングです。経営、開発、現場が役割を適切に分担し、全員経営を実現するためのQ&Aです。
L3一覧:
1. リエンジニアリングの目的とは?
2. リエンジニアリング、3つの目標とは?
3. 意識改革、Sense of Urgencyが必要とは?
4. 企業存続を脅かす不確実性とは?
5. PDCAに必要な3レイヤーとは?
6. 経営のリエンジニアリング宣言とは?
7. 経営、開発、現場の役割分担とは?
8. 知識尊重、知識優先が必要とは?
9. LCM基準のロジカルシンキングとは?
10. マネジメントビューで全員合意とは?
11. 企業存続に必要な5つの経営資源とは?
12. 経営の役割と経営目標指標とは?
13. 売上、利益の経営計画だけでは不十分とは?
14. 企業経営の全体最適が変化したとは?
15. 新しい「全体最適」の目標とは?
Study Point :
 全員合意のリエンジニアリングを推進するには、ロジカルシンキングが不可欠です。企業存続を実現する全体最適を前提にボトルネック、制約事項を特定、解決する企画と実行を論理的に分類するLCM準拠のロジカルシンキング手法が必要です。
L3一覧:
1. 知識尊重、知識優先の経営体質へ転換
2. 知識を活かすロジカルシンキング
3. 現場、開発、経営のリエンジニアリング
4. PDCAを体系化する3つの活動レイヤー
5. 全員合意を実現するロジカルシンキング
6. 全員合意のリエンジニアリング計画
Study Point :
 ITプロジェクトの狙いは、現場、開発、経営が直面する需要変動、ニーズの変化、不透明な将来の不確実性に適切に対処できるよう支援することです。プロジェクト開始前に、彼らと不確実性を共有し、あるべき「全体最適」を明確にすることで、高い成果を約束するIT支援を推進します。
L3一覧:
1. 全体最適を実現するITプロジェクト
2. 新しい「全体最適」構築とCIOの役割
3. 豊富な知識流通を実現するインターネット
Study Point :
 今期の売上、利益の最大化を阻害する市場・顧客の需要変動は、現場が今すぐ適切に対処すべき不確実性です。市場・顧客の需要変動に迅速、タイムリー、的確に追随する需給GAP調整と高い変更対応能力を持ったプル型経営活動サイクルを実現するリエンジニアリング手順です。
L3一覧:
1. 現場の価値創造活動
2. 現場の業績評価活動
3. 現場の経営戦略活動
Study Point :
 何年か後の売上、利益の最大化を阻害する製品・サービスニーズの変化は、開発が対処すべき不確実性です。ニーズの変化を把握し、短いTime to Marketで最適な製品・サービスを開発するフロントローディングを実現し、継続的な売上、利益の最大化に貢献するリエンジニアリング手順です。
L3一覧:
1. 開発の価値創造活動
2. 開発の業績評価活動
3. 開発の経営戦略活動
Study Point :
 将来の売上、利益の最大化を阻害する不透明な将来、市場・顧客は、長年の経験と知識、見識を持つ経営が対処すべき不確実性です。経営活動サイクルを構成する5つの経営資源を常に最適化し、市場・顧客の変化に迅速、タイムリー、的確に追随できるプル型経営を実現するリエンジニアリング手順です。
L3一覧:
1. 経営の経営戦略活動
 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com