| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 - ロジカルシンキング
Knowledge Point - 論理的、科学的な議論で全員合意の改善を
 3つのリエンジニアリング目標を阻害するボトルネック、制約事項を論理的、科学的に特定。全員合意でスムーズな変革を。
Study Point :
 全員合意を実現するロジカルシンキングを実現することはできるのか。今の議論、会議の方法はどこが間違いなのだろうか。そんな疑問に答えるQ&Aです。
L3一覧:
1. WEB_CPSの略とは?
2. 全員合意を実現する前提とは?
3. WEB_CPSを開発した背景とは?
4. WEB_CPS開発の狙いとは?
5. Logical Chain Managementとは?
6. LCMに必要な3つの知識とは?
7. WEB_CPSのフレームワークとは?
8. マクロからミクロまでLCMとは?
9. 経営者の期待に応える議論とは?
10. 2種類の「なぜ」「なぜ」が必要とは?
11. 2種類の「なぜ」「なぜ」で確実にとは?
12. マネジメントビューとは?
13. テクノロジストビューとは?
14. 外部指標とは?
15. 内部指標とは?
16. 最初に不確実性の議論とは?
17. 最初にV/N分類とは?
18. 原因、結果、弊害、損失、未達に分類とは?
19. 議論をリアルタイムに見える化とは?
20. 論理的思考は難しくないとは?
21. ナレッジコラボレーションで革新とは?
22. インターネットで議論できるとは?
23. 左脳を刺激するとは?
24. 思考錯誤は左脳を刺激するとは?
25. 従来会議より議論に集中できるとは?
26. 定石DBとは?
Study Point :
 議論してもまとまらない、だらだらと長引く、議論が発散する、本質でない議論が続く。そんな議論は明らかに時間、経費のムダです。知識が企業存続を実現する最も重要な経営資源になった今、論理的、科学的な議論のプロセスが必要です。WEB_CPSは、LCM(LCM:Logical Chain Management)基準のロジカルシンキングツールです。
L3一覧:
1. はじめに
2. 内容
3. WEB_CPSとは
4. WEB_CPSのフレームワーク
5. 最先端のフレームワークを融合、実装
6. マネジメント論に必要な外部指標と内部指標
7. 企業目的を実現する全体最適論
8. リエンジニアリング/ディープシステム論
9. 全員合意を実現する3ステージ制
10. 全体最適基準の社内コミュニケーション
11. 全員合意のコミュニケーンは、全体最適が前提
12. ご提供できるサービス
13. 先達の教え
Study Point :
 市場・顧客優位に「パラダイムシフト」した今、プル型経営へのリエンジニアリングには、全員合意を実現するLCM(Logical Chain Management)基準のロジカルシンキングツールが必要です。WEB_CPSは、経営、開発、現場が直面する不確実性をLCMに沿って明らかにし、プル型経営へのリエンジニアリングを論理的、科学的に支援します。
L3一覧:
1. ロジカルシンキングの3ステージ
2. Whatステージ
3. ブレーンストーミングステップ
4. プロセスモデルリングステップ
5. 俯瞰分析ステップ
6. Whyステージ
7. メカニズム考察ステップ
8. メカニズム検証ステップ
9. Howステージ
10. 改善計画作成ステップ
11. おわりに
Study Point :
 LCM手順をシステム化したWEB_CPSは、従来の議論の問題を排除し、確実な成果を実現します。論理的、科学的な結論に至る時間を短縮し、かつ、得られる精度を向上します。だから、経営改善議論を全員合意で、迅速に無理なく進めることができます。
L3一覧:
1. 何故、成果が出る議論ができるのですか
2. WEB_CPSで「考える」習慣がつきますか
3. 社員の意識は変わりますか
4. 何故、全員合意を実現きるのですか
5. どんな効果を実現できますか
6. 効果実現に必要なことは何ですか
Study Point :
 私達の世界は、時間の経過とともに「変化」します。「変化」のスピードに違いはありますが、全ての事象はこの仕組みから逃れることができません。従って、「変化」をプロセスとして抽出し、「変化」のメカニズムを公知、普遍の知識で説明できる対象であれば、WEB_CPSを適用することができます。
L3一覧:
1. 企業存続を体系化、理解できない会社
2. 社員の「意識改革」に使えますか。
3. どんなことに利用できますか。
Study Point :
 WEB_CPSは、LCMを実装した科学的なロジカルシンキングツール&メソッドです。科学的だから、学習、習得することができます。一人でも多くの人に学習していただき、より良い製品・サービスの開発、提供を通じて、より良い社会の実現に貢献して欲しいと考えます。
L3一覧:
1. 誰でも習得できますか。
2. 何人で受講するのが効果的ですか。
3. 学習費用はどのくらいですか。
Study Point :
 WEB_CPSをご利用いただいた参加者各位のご意見です。これまで色々なメソッドを経験した方達から、自分達で理解し、議論し、会社の問題を論理的、科学的に分析し、原因を見出すことができる、全員合意できるとの意見を多数いただいています。「ロジカルシンキングは難しい」と言う考えは、既に、彼等にはありません。
L3一覧:
1. プロジェクトの作業負担が少ない
2. ベクトル、価値観が統一された
3. こんなに安くコンサルできるのか
4. 今迄、不勉強だった
5. 今迄の社内議論は何んだったのか
6. ERP導入のフロントローディングに活用
Study Point :
 K-Systemをよくご理解していただくためにK-Systemに関する様々なご質問にお答えしています。
L3一覧:
1. なぜ、K-Systemを開発したのですか
2. 腕試しはどのように知識を獲得できますか
3. 自社専用問題を登録できますか
4. 腕試しセルフ学習ってなんですか
 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com