| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 - 企業存続
Knowledge Point - 市場・顧客優位がもたらす3つの不確実性に適切に対処
 実体経済循環は、企業優位から市場・顧客優位へパラダイムシフト。企業から「見えなくなった需要」は、市場・顧客の変化として、3つの不確実性に。適切に対処し企業存続を実現。
Study Point :
 産業社会と消費社会で構成する実体経済社会の循環メカニズムが大きく変化しています。そのパラダイムシフトを前提に、ドラッカー博士の教えをどう活かし、より良い社会を構築するかのQ&Aです。
L3一覧:
1. 企業存続が必要な理由とは?
2. 企業存続が難しい時代とは?
3. パラダイムシフトが起きた理由とは?
4. 市場・顧客の変化による不確実性とは?
5. 企業存続を脅かす不確実性の本質とは?
6. 「見えない需要」に対処する視点とは?
7. 企業存続に必須の5つの経営資源とは?
8. 企業存続の主役は社員の知識とは?
9. 全員合意を実現する3つの意思決定とは?
10. 消費社会の変化に追随する全体最適とは?
11. 役割分担、全員経営で企業存続とは?
12. 経営者のためのリトマス試験とは?
13. プル型経営実現のCSFとは?
14. プル型経営実現のKPIとは?
Study Point :
 20世紀、私達の社会は、企業活動を中心に目覚ましく発展しました。しかし、いつしか企業と市場・顧客の立場が逆転し、企業存続の主導権は市場・顧客の手に移りました。
L3一覧:
1. 市場・顧客優位へのパラダイムシフト
2. イソップ童話、北風と太陽に学ぶ
3. 企業存続の主役は学習する社員
Study Point :
 パラダイムシフトによって、市場・顧客が求める付加価値が多様化し、需要が「見えなく」なっています。主体的な消費社会は、企業の業績を左右する「需要変動」「ニーズの変化」「不透明な将来」となって企業存続を脅かしています。
L3一覧:
1. 知識は、最も重要な経営資源
2. 役割分担、全員経営で3つの不確実性に対処
3. 不確実性への論理的、科学的な対応
Study Point :
 パラダイムシフトで需要が「見えなく」なっています。「見えない」需要を市場・顧客の変化、3つの不確実性として、適切に把握し、企業存続を実現するリエンジニアリングが必要です。
L3一覧:
1. 現状維持派は企業存続の病巣
2. 売上、利益創造のビジネスリテラシー
3. 経営が再確認すべき経営の役割
4. 変革の進捗を評価するリトマス試験
 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com