| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
目次 L1 -    前へ  |  次へ  
L1 - 全体最適モデル
Knowledge Point - 市場・顧客の変化に追随するビジネスプロセス変革
 パラダイムシフトが企業に迫る3つの不確実性。市場・顧客の変化に追随するプル型全体最適プロセスの再構築で企業存続を。
Study Point :
 戦後、旺盛な消費社会の需要に支えられ経済復興、経済成長してきた産業社会は、パラダイムシフトによって消費社会の需要が見えにくくなっています。企業存続を実現するためのQ&Aです。
L3一覧:
1. 需要予測では経営改善しないとは?
2. 需給ギャップ調整の前提能力とは?
3. 需給ギャップをフィードフォワードとは?
4. 最適品揃えで売上、利益最大化とは?
5. 在庫ポイントの最適化とは?
6. 生産リードタイム短縮で不良在庫削減とは?
7. 生産リードタイム短縮に必要なこととは?
8. 部品共有化で変更対応能力向上とは?
Study Point :
 企業存続への挑戦は、市場・顧客優位の「パラダイムシフト」に適応する新しい「全体最適」構築への挑戦です。現場、開発、経営がそれぞれの領域を科学的に全体最適化するために必要な知識とリエンジニアリング活動の全体フレームワークは決まっています。
L3一覧:
1. 需要予測から需給ギャップ調整の時代へ
2. 直近の需給ギャップ調整とローリング計画
3. 生産を安定させるパイプライン計画
4. 売上、利益の最大化は、プロセス指標で
Study Point :
 「市場・顧客」が求める「製品・サービス」の付加価値を創造するプロセスを論理的、科学的な構造で理解できれば、プロセスパフォーマンスを正確に把握し、ボトルネック、制約事項を特定、解決し、プル型の全体最適プロセスを実現できます。
L3一覧:
1. 付加価値を創造するプロセス構造の理解
2. 最適意思決定に必須の会計基礎知識
3. 総付加価値Σ(V x N) 最大化で企業存続
4. 経営能力を表す管理資料
5. リエンジニアリングを推進する新しいBI
6. 市場・顧客優位に相応しいCSFとKPI
Study Point :
 市場・顧客と製品・サービス情報の接点が多様化、高速化、ステルス化しています。製品・サービスのライフサイクル、PPMの位置づけ、AIDAプロセスを適切に融合し、市場・顧客の「生活の質」を向上するメッセージ発信が不可欠です。
L3一覧:
1. 論理的なメッセージ戦略で市場・顧客創造
2. 需要・売上を創造するAIDAメッセージ
 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com