| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-08-09
 
L1 - ドラッカー流腕試し ( K-Systemデモ版 )
全体最適モデルの問題一覧
  全表示  |  前へ  |  次へ  | セルフ学習へ  
Knowledge Point :
パラダイムシフトが企業に迫る3つの不確実性。市場・顧客の変化に追随するプル型全体最適プロセスの再構築で企業存続を。
ビジター正解率(%)  (易) 100% > Lev1 > 70% > Lev2 > 50% > Lev3 > 0% (難)
1. 企業存続と経営資源 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 企業存続は、(  )の経営資源の最適化で実現します。
問題 2. (  )のある社員は、経営資源の一つを構成します。
問題 3. (  )は、経営資源の一つを構成します。
問題 4. 売れる(   )は、経営資源の一つを構成します。
問題 5. (   )は、経営資源の一つを構成します。
問題 6. (  )は、経営資源の一つを構成します。
問題 7. コア(   )は、コアバリューの一つを構成します。
問題 8. コア(   )は、コアバリューの一つを構成します。
問題 9. (   )は、経営戦略上、特に重要なプロセス管理指標を指します。
問題 10. (   )は、経営戦略上、特に重要なプロセス改善施策を指します。
2. 経営の基本、役割、意義 Lev 2 正解率(%):51

問題 1. 企業は、存続し続ける必要はありません。
問題 2. 経営目的は、株主への高配当を実現することです。
問題 3. 企業存続の実現には、売上の最大化が必要になります。
問題 4. 企業は、市場・顧客にとって価値ある製品・サービスを提供しなければなりません。
問題 5. 経営戦略は、市場・顧客の変化に合わせ企業を変化させるステップを明記したものです。
問題 6. 経営目標は、売上計画を年度別に示したものです。
問題 7. 企業業績とは、売上、利益、CSなどを指します。
問題 8. 企業業績は、市場・顧客が評価した結果です。
問題 9. 企業業績は、直接マネジメントできます。
問題 10. ビジネスプロセスの流れは、市場・顧客が作ります。
問題 11. プロセス改善に関連する部門間、事業間の合意が必要です。
3. 付加価値創造 Lev 2 正解率(%):51

問題 1. 付加( )を創造する。
問題 2. 全体( )を実現する。
問題 3. プロセス( )を向上させる。
問題 4. プロセス( )を的確に行う。
問題 5. ビジネス( )のムリ、ムダ、ムラを改善する。
問題 6. ( )理論による科学的、論理的な改善。
問題 7. ボトル( )を特定する。
問題 8. ( )事項を排除する。
問題 9. ( )Add活動で付加価値を向上する。
問題 10. ( )的議論で知識を活用する。
4. 経営改善力の診断 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 経営は、企業存続を脅かす3つの不確実性の本質を理解することが必要です。
問題 2. 経営ビジョンは明確にする必要があります。
問題 3. 経営ビジョンは、企業存続を実現することが大前提です。
問題 4. コアバリューは、明確にする必要はありません。
問題 5. 経営戦略は、ビジョンを実現する為のステップです。
問題 6. 全社員がコアバリューを理解する必要はありません。
問題 7. 経営改善の基本は、企業存続の不確実性(ボトルネック)を減少、削減することです。
問題 8. 企業存続の不確実性への対処は、経営、現場、開発の役割分担で対処します。
問題 9. 市場・顧客の需要変動の不確実性は、プッシュ型経営活動サイクルで解決します。
問題 10. 製品・サービスニーズの不確実性は、製品・サービス開発期間短縮で対応します。
問題 11. 不透明な将来の市場・顧客の不確実性は、対処する方法がありません。
5. 経営改善の「定石」 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 経営改善には、定石があります。
問題 2. QCDの改善と定石は、関係しません。
問題 3. 定石は、企業のスキル、経験、知識に裏付けされています。
問題 4. 定石を大切にしない経営は、衰退します。
問題 5. 定石は、企業存続の役割分担毎に存在します。
問題 6. 定石は、人材育成教材として重要です。
問題 7. 定石は、更新する必要はありません。
問題 8. 定石を補うものは、KKDです。
問題 9. 定石は、経営幹部だけが習得できればよい。
問題 10. 定石は、DB化できない。
6. 経営の「見える化」 Lev 2 正解率(%):51

問題 1. 「見える化」とは、会社の業績指標を数字化することです。
問題 2. 成果を保障する「見える化」の前提は、経営、開発、現場の役割再認識です。
問題 3. 「見える化」の目的は、経営、開発、現場が最適に役割を推進することです。
問題 4. 「見える化」は数字以外にも準備が必要です。
問題 5. 経営、開発の「見える化」は、現場の「見える化」が前提です。
問題 6. 「見える化」の基本情報は、ERP(基幹システム)のトランザクションです。
問題 7. 現場の「見える化」は、ERPだけで実現できます。
7. 経営管理指標 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 企業の業績指標を何と言いますか。
問題 2. プロセス管理指標を何と言いますか。
問題 3. ボトルネックを特定する視点は何と言いますか。
問題 4. 制約事項を特定する視点を何と言いますか。
問題 5. 企業価値で貢献するものは何ですか。
問題 6. 企業が創造しなければならないものは何ですか。
問題 7. 企業を変化させるステップを明確にしたものは何ですか。
問題 8. 経営戦略の実現度を評価する指標は何ですか。
問題 9. 企業存続を実現する為の手段は何ですか。
問題 10. 特別に監視する内部指標を何と言いますか。
問題 11. 特別重要なプロセスマネジメント施策を何と言いますか。
8. KPI & CSF Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 業績は、(  )指標です。
問題 2. 業績は、直接、マネジメント(     )
問題 3. プロセスパフォーマンス改善は、(   )のマネジメントで行います。
問題 4. 内部指標は、プロセスの(  )指標です。
問題 5. 業績の改善は、(     )の改善で実現します。
問題 6. プロセスパフォーマンスを管理するために、(    )を設定します。
問題 7. 経営戦略を実現する(     )を明確にします。
問題 8. (  )は、重点施策(CSF)の実現度を管理するマネジメント指標です。
問題 9. 業績とKPIの関係を整理できる知識が、(      )です。
問題 10. マネジメント知識は、業績を阻害するプロセスとその(    )の特定に不可欠です。
9. 論理的な経営改善活動 Lev 2 正解率(%):51

問題 1. 売上、利益は経営活動サイクルで創造されます。
問題 2. 経営改善活動とは経営活動サイクルを改善する活動です。
問題 3. 経営改善とは、プル型経営にリエンジニアリングすることです。
問題 4. 科学的な経営改善は、経営活動サイクル全体を俯瞰分析し、ボトルネックを特定します。
問題 5. 業績を制約する原因は、ボトルネック内に存在します。
問題 6. なぜ、何故、ナゼを繰り返すことで、経営改善できます。
問題 7. プロセスを設計し、QCD指標を設定します。
問題 8. 経営改善の評価指標はQCDだけです。
問題 9. 現場改善に現場プロセスの知識は必要ありません。
問題 10. 外部の人材に頼り過ぎる経営では、知的財産が育ちません。
10. 需給ギャップ調整と戦略的在庫管理 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. 製品・サービス在庫は、削減するほど経営(売上)に貢献する。
問題 2. 製品・サービス在庫は、経営資源の「金」に付加価値を付加したものです。
問題 3. 在庫管理は、会計、決算に必要な在庫高を把握するためです。
問題 4. 在庫管理の基本は、在庫欠品が発生する時期を算定するためです。
問題 5. 生産リードタイムが長いと、製品在庫量は多く持つのが基本です。
問題 6. 生産計画サイクルリードタイムは、最適な製品在庫量に関係しません。
問題 7. 製品在庫の品揃えの最適化には、限界があります。
問題 8. 資材、部品在庫は、生産リードタイム短縮に貢献します。
問題 9. 資材、部品の共有化は、生産計画変更対応力を向上します。
問題 10. 在庫の最適化は、市場・顧客の需要把握能力の向上で実現します。
問題 11. 製品在庫の品揃えの最適化の限界は、部品共有化、プロセス変更等で改善します。
11. 開発改善活動 Lev 3 正解率(%):49

問題 1. 継続的な売上、利益を実現する製品・サービス開発は、モジュール化が前提です。
問題 2. 製品構造のモジュール化は、需要変動の不確実性への現場対処に不可欠です。
問題 3. 製品構造のモジュール化で、開発コストを削減できます。
問題 4. 製品構造のモジュール化で、開発品質を向上できます。
問題 5. 構想設計を十分に行っても、開発コストは削減できません。
問題 6. 構想設計を十分に行い、開発品質を向上できます。
問題 7. 開発初期の完成度を高めることで、開発コストを削減できます。
問題 8. 3次元CADなどのITを活用しても、開発品質は向上できません。
問題 9. 3次元CAD情報を共有しても、開発コストは削減できません。
問題 10. 新素材、新技術を開拓し、開発品質を向上できます。
12. 失敗しないIT導入と活用 Lev 2 正解率(%):50

問題 1. IT利用で成果を実現するには、システム導入後に現場プロセス設計が必要です。
問題 2. パッケージシステムを使えば、必ず導入効果を実現できます。
問題 3. パッケージシステムは、修正すべきでない。
問題 4. ITプロジェクトを成功させる責任は、企業側にあります。
問題 5. 企業の付加価値創造メカニズムは、プロセス=Σ(活動) 活動=Σ(機能) 機能=Σ(手順)構成されています。
問題 6. IT化の仕様は、企業が決めるべきです。
問題 7. ITの企画設計では、不確実性を解消する活動レベルのプロセスを設計します。
問題 8. ITの概要設計では、不確実性を解消する機能レベルのプロセスを設計します。
問題 9. ITの詳細設計では、各機能の手順レベルを設計します。
問題 10. ITの詳細設計では、プロセス管理の内部指標設計を行います。
問題 11. ITの詳細設計では、プロセスマネジメント設計を行います。
問題 12. RFPの最適タイミングは、ITの概要設計後です。
13. 現場プロセス活動改善(SCM) Lev 2 正解率(%):50

問題 1. SCMは、経営活動サイクルの全体最適を実現することです。
問題 2. SCMの基本機能は、需給ギャップ調整機能です。
問題 3. 需給ギャップは、供給計画と市場・顧客需要の差です。
問題 4. SCM実現の絶対条件は、生産納期を順守することです。
問題 5. SCM導入の前に、生販計画機能の組織化が必要です。
問題 6. 生販計画組織は、現場の役割責任(売上、利益の最大化)を持ちます。
問題 7. SCM導入には、計画を実行する業務系システムの整備が必要です。
問題 8. SCM導入前に、プル型経営へのリエンジニアリングが必要です。
問題 9. 生販計画は、安定した生産計画の実現に配慮します。
問題 10. 最適な生販計画は、売上を最大化します。
オプション機能
下記オプション機能の利用にはテストコード取得が必要です。
  1)腕試し結果のメール配信
  2)腕試し結果の参照、再チャレンジ
テストコード取得 :下記メールアドレス欄にテストコード転送先メールアドレスを入力し、送信してください。テストコードを転送します。
メールアドレス:

  
腕試し問題一覧
コアバリュー
1.  コアバリュー
企業存続
1.  経済成長と時代の変化
2.  不確実性を知る
3.  不確実性への対処
4.  金より知識の時代
5.  企業存続と役割分担
6.  インターネットの変革力
7.  経営資源
人材育成
1.  企業の役割
2.  ビジネスマネジメントの基本
3.  実践フレームワークの基本
4.  全体最適論の基本
5.  全体最適マネジメント
6.  グループディスカッション編(初級)
7.  会計処理の基礎知識(1)
8.  会計処理の基礎知識(2)
9.  経営管理指標の基礎知識(1)
10.  経営管理指標の基礎知識(2)
11.  経営管理情報システム
12.  応用知識の構築
全体最適モデル
1.  企業存続と経営資源
2.  経営の基本、役割、意義
3.  付加価値創造
4.  経営改善力の診断
5.  経営改善の「定石」
6.  経営の「見える化」
7.  経営管理指標
8.  KPI & CSF
9.  論理的な経営改善活動
10.  需給ギャップ調整と戦略的在庫管理
11.  開発改善活動
12.  失敗しないIT導入と活用
13.  現場プロセス活動改善(SCM)
リエンジニアリング
1.  企業と市場・顧客の関係
2.  企業経営の仕組み
3.  経営の正しい問い
4.  利益最大化の仕組み
5.  市場・顧客、需要の創造
6.  改善活動と問題把握の基本
7.  現場プロセスのリエンジニアリング実現
ロジカルシンキング
1.  ブレーンストーミング
2.  プロセスモデリング
3.  外部指標
4.  プロセスの役割
5.  プロセス管理
6.  内部指標
7.  企業の全体最適
8.  ボトルネック
9.  マネジメントビュー
10.  プロセス改善
11.  プロセスメカニズム
12.  テクノロジストビュー
13.  まとめ
ビジネスモデル
1.  生産と販売の役割
2.  現場プロセス
3.  付加価値創造
4.  開発と生産の役割
5.  プロセスマネジメント
6.  各プロセスの役割
7.  パフォーマンスと利益管理
8.  フロントローディング
ERP失敗考察
1.  システムアーキテクチャー
2.  運用管理
3.  バージョンアップ
4.  多国籍言語サポート
5.  拡張性
6.  導入、利用コスト
7.  サポート体制
8.  生販調整機能
9.  生産管理機能
10.  調達管理機能
11.  販売管理機能
12.  納期回答機能
13.  出荷管理機能
14.  在庫管理機能
ドラッカーと経済
1.  経済モデルの基本(1)
2.  経済モデルの基本(2)
3.  実体経済の基本(1)
4.  実体経済の基本(2)
5.  金融経済の基本(1)
6.  金融経済の基本(2)
7.  経済成長と物価変動(1)
8.  経済成長と物価変動(2)
9.  経済成長と物価変動(3)
10.  経済成長と物価変動(4)
人材育成
1.  簡単な算数問題
・問題は、KP104事務局が編集しています。
・ご意見、ご希望のある方は、こちらからお願いしたします。
・人材教育、人材育成用のデモシステムです。
・ユーザー登録は必要ありません。自由にご利用ください。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com