| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-08-09
 
L1 - ドラッカー流腕試し ( K-Systemデモ版 ) /
 - カテゴリー:ビジネスモデル
科目:フロントローディング
回答結果の配信を希望する場合は、”腕試し一覧に戻る”ボタンで腕試し一覧に戻り、テストコードを取得してください。
Check Point : 製品・サービスの付加価値(V)を最大化を実現する開発手法
全体の正解率は、51 %、難易度は、 Level 2 レベルです。
ビジター正解率(%)  (易) 100% > Lev1 > 70% > Lev2 > 50% > Lev3 > 0% (難)
正解率(%)
問題.1 (    )後の設計変更は、計画的に行います。 Lev 2 51
問題.2 先行手配後は、(    )できません。 Lev 2 52
問題.3 先行手配後の設計変更は、(  )を発生させます。 Lev 2 50
問題.4 フロントローディングは、(    )の設計変更を削減します。 Lev 2 52
問題.5 フロントローディングの目的は、(    )を早期に高めることです。 Lev 2 53
問題.6 開発プロセスで使用する中核DBが、(    )です。 Lev 2 53
問題.7 直接製造原価の改善は、(      )で行います。 Lev 3 49
問題.8 直接製造原価の改善には、(    )の共有化促進が不可欠です。 Lev 2 51
問題.9 直接製造原価の改善には、(   )活用は必須です。 Lev 2 51
問題.10 新製品の(   )マニュアルは量産試作前に作成し、量産確認評価に使います。 Lev 2 51
・問題は、KP104事務局が編集しています。
・ご意見、ご希望のある方は、こちらからお願いしたします。
・人材教育、人材育成用のデモシステムです。
・ユーザー登録は必要ありません。自由にご利用ください。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com