| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
学習事項 | 3つの不確実性 | 5つの経営資源 | 役割分担 | 優先目標 | 全体最適 | 改善対象 | 改善指標 |
 - カテゴリー - コアバリュー
コアバリューは、企業経営の理念、価値観を形成します。
 コアバリューは、企業が市場・顧客に提供する中核的な付加価値で、企業の存在価値、製品・サービスのブランドを確立します。
 社会が企業の存在価値を認め、社員がそこで働く価値を見出す普遍的な価値観です。何の為に企業で働き、何の為に企業存続に熱意を燃やすのかの問いに応えます。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:付加価値
4.優先目標:VxN最大化

コアバリューの徹底は、企業をイノベーティブな体質に変革します。
 社会的な存在価値を明確にすることで、より高い付加価値を持つ製品・サービスを創造する目的意識が働きます。目的意識は、目標実現に必要な知識獲得を推進します。
 社員が学習し、専門領域のプロフェッショナリティーを確立していきます。プロフェッショナリティーの向上によって、変化する市場(顧客)に適したよりイノベーティブな製品・サービス開発を実現します。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:付加価値
4.優先目標:VxN最大化

コアプロセスは、コアバリューを構成する要素です。
 コアプロセスは、製品・サービスにコアテクノロジーを実装する、あるいはそれに関連する付加価値を加工、組み立てするプロセスです。コアテクノロジーとともにコアバリューを構成します。
 消費社会優位のパラダイムシフトに対応するリエンジニアリングが必要な現在、コアプロセスを広義に解釈すれば、現場、開発、経営の各プロセスにもコアプロセスがあると言えます。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性需要変動 5.全体最適:品揃えの最適化
2.経営資源:プロセス 6.改善対象:プロセスパフォーマンス
3.役割分担:現場 7.改善指標:QCD指標
4.優先目標:N最大化

コアテクノロジーは、コアバリューを構成する要素です。
 コアテクノロジーは、製品・サービスに実装される、自社にしか実現できない付加価値を実現する技術です。コアプロセスとともにコアバリューを構成します。
 一般的にコアテクノロジーは、製品・サービスを構成する要素技術として開発されます。製品・サービスに実装するのは、設計段階です。
 コアテクノロジーをどう組み上げ、付加価値を高めるかは、設計部門が持つ知的財産の知識です。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性ニーズの変化 5.全体最適:プル型プロセス
2.経営資源:製品・サービス 6.改善対象:DR/PM
3.役割分担:開発 7.改善指標:付加価値
4.優先目標:V最大化

コアプロセスは、コアテクノロジーを製品・サービスに実装する中核プロセスです。
 コアプロセスは、自社にしかないコアテクノロジーを製品・サービスに実装するプロセス、あるいは、それに関連する付加価値を加工、組み立てるプロセスを指します。
 製品・サービスの組立、加工がない製造業以外の企業では、企業のビジネスプロセスの中で他社との差別化に重要なプロセスをコアプロセスと位置付けることもあります。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性需要変動 5.全体最適:品揃えの最適化
2.経営資源:プロセス 6.改善対象:プロセスパフォーマンス
3.役割分担:現場 7.改善指標:QCD指標
4.優先目標:N最大化

コアテクノロジーは、製品・サービスの競争優位な付加価値を実現する科学的、工業的技術です。
 他社にない、競争優位を実現する製品・サービスの付加価値を創造する技術です。製品・サービスに実装する技術ですから、繰り返し製造可能で、安定した高品質を保障できなければなりません。
 従って、科学的に実証された知識を、工業化できるレベルに仕上げ、安定した品質を提供できる工業的技術です。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性ニーズの変化 5.全体最適:PLMの最適化
2.経営資源:製品・サービス 6.改善対象:DR/PM
3.役割分担:開発 7.改善指標:付加価値
4.優先目標:V最大化

コアバリューの徹底は、経営と社員の価値観、判断基準を統一します。
 企業は、製品・サービスの付加価値の良さで企業存続を実現し、社会に評価されます。市場・顧客が満足する社会的存在価値創造に合致しているかという視点、価値観を養う上ででコアバリューの徹底は大変重要です。
 「当社の市場・顧客にとって、我が社の存在価値を示す製品サービスの付加価値とは何か」を常に問い、また議論することで、企業全体の知識が深まり、プロフェッショナリティーが高まります。
 そして、経営と社員の価値判断基準の軸が客観的、論理的に統一されていきます。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:KPI
4.優先目標:VxN最大化

コアプロセス、コアテクノロジーは、競合他社に無い知識財産です。
 コアプロセス、コアテクノロジーは、自社にしか実現できない製品・サービスの付加価値を実現するものです。特にコアテクノロジーは、製品・サービスに実装する技術ですから、繰り返し製造可能で、安定した高品質を保障できなければなりません。従って、科学的に実証された知識を、工業化できるレベルに仕上げ、安定した品質を提供できる工業的技術です。
 コアバリューを構成するコアプロセス、コアテクノロジーは、競合他社に無い知識財産であり、競争優位を実現する上で必須の知識です。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:KPI
4.優先目標:VxN最大化

イノベーティブな企業は、組織がフラットです。
 イノベーションは、「知識」の連携が自由、闊達に行われることで実現します。フラットな組織は、「知識」によって物事の真理(企業存続の不確実性)を論理的、科学的に解明し、最前、適切な意思決定を行う組織形態です。
 知識を活用し、学習し、コアテクノロジー、コアプロセスをブラッシュアップし、様々な企業存続の不確実性を改善し、社会に価値ある企業への変革を推進します。
 階層組織にありがちな権威や権限が意思決定に介入すると、純粋な論理的、科学的な意思決定が歪曲され、場合によっては、取り返しのきかない意思決定ミスを誘発し、経営破綻のリスクを拡大します。
 また、論理的、科学的な意思決定が阻害されることで、そこで働く社員は知識を探求する意識が減少し、結果的にイノベーションを起こせなくなります。経営として避けたい現象です。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:組織・体制
3.役割分担:経営 7.改善指標:組織レイヤー
4.優先目標:VxN最大化

コアバリューの良否は、企業業績(を左右します。)
 コアバリューは、企業が製品・サービスとして市場・顧客に提供する付加価値によって実現する社会的な存在価値です。
 つまり、企業が提供する「生活の質」を維持、向上する付加価値を消費社会、市場・顧客が評価し、実際の生活に使い、その効果を実感するものです。
 従って、その付加価値の良否は、企業の存在価値の良否を左右し、業績(売上、利益)に影響します。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:KPI
4.優先目標:VxN最大化

コアバリューを明確にすることで、経営改善が進みます。
 コアバリューの明確化は、市場・顧客に提供する付加価値の明確化を意味します。経営から現場活動まで全ての経営活動を統一する基本的理念、価値観を醸成します。
 会社の中にコアバリューの価値観が成長、定着することで、社員、マネジメントは自ら正しい価値判断を行い、自立的に日々活動することができるようになります。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:KPI
4.優先目標:VxN最大化

コアバリューの改善は、経営資源の人への投資で実現します。
 企業存続を実現する最も重要な経営資源は、人(知識)に変わっています。コアバリューは知的財産です。社員が学習し、知識を獲得することで、経営資源の知的財産、つまり人の知識、スキルを向上させることができます。社員への教育、学習投資がコアバリューを向上させます。
 しかし、ただ、やみくもに学習することは投資のムダで、成果がなかなか出ません。学習は、企業存続の可能性を改善する為に行います。経営、現場、開発の役割分担を明確にし、企業存続を実現する活動に専念することが、まず必要です。
 役割分担ができれば、企業存続に直面する不確実性を、経営、現場、開発の不確実性に整理、分解し、その上で、それらの不確実性を削減するための知識を学習することが必要です。
*** リエンジニアリング推進の整理、分類事項 ***
1.不確実性不透明な将来 5.全体最適:経営資源の最適化
2.経営資源:5つの経営資源 6.改善対象:CSF/経営戦略
3.役割分担:経営 7.改善指標:KPI
4.優先目標:VxN最大化

表示条件( セット )
不確実性リスト

3つの不確実性
需要変動
ニーズの変化
不透明な将来

コアバリュー
1. コアバリュー

企業存続
人材育成
全体最適経営
リエンジニアリング
ロジカルシンキング
ビジネスモデル
ドラッカーと経済
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com