| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - III. リエンジニアリングを実現するITの役割 L2 -    前へ  |  次へ 
III. リエンジニアリングを実現するITの役割
Knowledge Point :

 ITプロジェクトの狙いは、現場、開発、経営が直面する需要変動、ニーズの変化、不透明な将来の不確実性に適切に対処できるよう支援することです。プロジェクト開始前に、彼らと不確実性を共有し、あるべき「全体最適」を明確にすることで、高い成果を約束するIT支援を推進します。
L2 - 掲載タイトル
I. リエンジニアリングの基礎知識
II. 失敗しないリエンジニアリング
III. リエンジニアリングを実現するITの役割
IV. 現場プロセスのリエンジニアリング手順
V. 開発プロセスリエンジニアリング手順
VI. 経営プロセスのリエンジニアリング手順

III. リエンジニアリングを実現するITの役割 L3 レベル 概要一覧: 概要非表示
1. 全体最適を実現するITプロジェクト
 ITプロジェクトの成果は、知識、人材に依存します。市場・顧客優位の経営環境がもたらす不確実性を理解し、最適品揃え、最適PLM、最適経営資源を実現する知識、人材です。
画像クリックで拡大

2. 新しい「全体最適」構築とCIOの役割
 CIOの役割は、企業存続を脅かす3つの不確実性を解消する最適品揃え、最適PLM、最適経営資源を実現できるよう、ITシステムで現場、開発、経営の各プロセスをリエンジニアリングすることです。
画像クリックで拡大

3. 豊富な知識流通を実現するインターネット
 インターネットは、知識流通の仕組みを根本から変えました。どの企業にも公平に知識、情報利用の機会と競争優位を実現するチャンスを提供します。
画像クリックで拡大

「リエンジニアリング」の腕試し セルフ学習
学習内容:
 需要変動は現場プロセス、ニーズの変化は開発プロセス、不透明な将来は経営プロセスのリエンジニアリングで追随を。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com