| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - V. 開発プロセスリエンジニアリング手順 L2 -    前へ  |  次へ 
V. 開発プロセスリエンジニアリング手順
Knowledge Point :

 何年か後の売上、利益の最大化を阻害する製品・サービスニーズの変化は、開発が対処すべき不確実性です。ニーズの変化を把握し、短いTime to Marketで最適な製品・サービスを開発するフロントローディングを実現し、継続的な売上、利益の最大化に貢献するリエンジニアリング手順です。
L2 - 掲載タイトル
I. リエンジニアリングの基礎知識
II. 失敗しないリエンジニアリング
III. リエンジニアリングを実現するITの役割
IV. 現場プロセスのリエンジニアリング手順
V. 開発プロセスリエンジニアリング手順
VI. 経営プロセスのリエンジニアリング手順

V. 開発プロセスリエンジニアリング手順 L3 レベル 概要一覧: 概要非表示
1. 開発の価値創造活動
 Time To Marketを短縮し、市場・顧客の製品・サービスニーズの変化に追随できるフロントローディング開発体制を構築します。そして、継続的な売上、利益を実現する製品・サービスを開発し、企業存続に貢献します。
画像クリックで拡大

2. 開発の業績評価活動
 市場・顧客の製品・サービスニーズの変化に追随できる短いTime to Marketで経営計画に沿った製品・サービス開発が実現できているかを評価判定するマネジメントメカニズムとPDCAプロセスを構築します。
画像クリックで拡大

3. 開発の経営戦略活動
 市場・顧客優位の時代に変わり、企業存続の実現には、経営、開発、現場が適切に役割分担し、知識を尊重する全員経営の必要性を理解します。リエンジニアリングの必要性、目指す姿を明確にします。
画像クリックで拡大

「リエンジニアリング」の腕試し セルフ学習
学習内容:
 需要変動は現場プロセス、ニーズの変化は開発プロセス、不透明な将来は経営プロセスのリエンジニアリングで追随を。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com