| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - IV. プル型経営へのリエンジニアリング L2 -    前へ  |  次へ 
IV. プル型経営へのリエンジニアリング
Knowledge Point :

 パラダイムシフトで需要が「見えなく」なっています。「見えない」需要を市場・顧客の変化、3つの不確実性として、適切に把握し、企業存続を実現するリエンジニアリングが必要です。
L2 - 掲載タイトル
I. 企業存続の基礎知識
II. 市場・顧客優位へのパラダイムシフト
III. 3つの不確実性に対処する科学的経営
IV. プル型経営へのリエンジニアリング

IV. プル型経営へのリエンジニアリング L3 レベル 概要一覧: 概要非表示
1. 現状維持派は企業存続の病巣
 リエンジニアリングには、変化を嫌う現状維持派の抵抗がつきものです。彼等の抵抗に屈することなく、「企業存続を実現できるのか」の視点で新しい「全体最適」を論理的、科学的に議論し、全員合意することが不可欠です。
画像クリックで拡大

2. 売上、利益創造のビジネスリテラシー
 変化する市場・顧客に追随し、企業も変化せよ。これはドラッカー博士の教えですが、市場・顧客の変化に追随するリエンジニアリング推進には、売上、利益創造を実現するビジネスリテラシーが必要です。
画像クリックで拡大

3. 経営が再確認すべき経営の役割
 経営、開発、現場の役割分担と知識労働型組織への転換で全員経営の力を引出せれば、経営は最も難しく、リスクの高い不透明な将来の売上、利益創造の役割に集中することができます。
画像クリックで拡大

4. 変革の進捗を評価するリトマス試験
 社員への敬意、社員の貢献度理解、社員への支援について質問します。社員が働く価値を認め、貢献することを喜ぶ知識労働型組織形態への移行度合いを評価、確認する経営者向けの試験です。
画像クリックで拡大

「企業存続」の腕試し セルフ学習
学習内容:
 企業優位から市場・顧客優位へ。「見えなくなった需要」が市場・顧客の変化、3つの不確実性に。適切に対処し企業存続を。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com