| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - III. 「経営は科学 」を実践する知識 L2 -    前へ  |  次へ 
III. 「経営は科学 」を実践する知識
Knowledge Point :

 「市場・顧客」が求める「製品・サービス」の付加価値を創造するプロセスを論理的、科学的な構造で理解できれば、プロセスパフォーマンスを正確に把握し、ボトルネック、制約事項を特定、解決し、プル型の全体最適プロセスを実現できます。
L2 - 掲載タイトル
I. プル型全体最適モデルの基礎知識
II. プル型プロセスを実現する知識
III. 「経営は科学 」を実践する知識
IV. 需要を創造する論理的、科学的メッセージ

III. 「経営は科学 」を実践する知識 L3 レベル 概要一覧: 概要非表示
1. 付加価値を創造するプロセス構造の理解
 付加価値をどう創造し、その成果をどう評価、管理、改善するかは、プロセス構造の理解で決まります。最適品揃え、最適PLM、最適経営資源を実現する現場、開発、経営の各プロセスの全体最適化に不可欠です。
画像クリックで拡大

2. 最適意思決定に必須の会計基礎知識
 売上、利益創造が十分かを評価するキャッシュフロー会計知識は、意思決定に必須の基礎知識です。意思決定の正当性を明確にし、リエンジニアリングを効率的に推進する知識です。
画像クリックで拡大

3. 総付加価値Σ(V x N) 最大化で企業存続
 企業活動の必要条件は、企業存続に必要な経営資源の「金」を獲得することです。経営資源の「金」の最大化は、キャッシュフロー( 付加価値:V x N )の最大化で実現します。
画像クリックで拡大

4. 経営能力を表す管理資料
 市場・顧客優位の時代、企業活動の生産性を示す管理資料だけでは不十分です。3つの不確実性に対処できるよう、経営、開発、現場の役割分担に適したマネジメント情報が必要です。
画像クリックで拡大

5. リエンジニアリングを推進する新しいBI
 現行のBIは、1980年代、DSSを試行したプッシュ型経営時代のままです。需要が見えない時代、市場・顧客の変化に追随するプル型経営のBIは、皆さん自信が開発するものです。
画像クリックで拡大

6. 市場・顧客優位に相応しいCSFとKPI
 CSFとKPIは、企業存続を実現する3つのリエンジニアリングを推進する重要な指標です。現場、開発、経営の各プロセス毎にCSF、KPIの設定、管理が必要です。
画像クリックで拡大

「全体最適モデル」の腕試し セルフ学習
学習内容:
 パラダイムシフトが企業に迫る3つの不確実性。市場・顧客の変化に追随するプル型全体最適プロセスの再構築で企業存続を。
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com