| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-08-09
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - II. 大きく変化したERP導入成果 | L2 Topへ |
  - L3 - 3.忘れがちな「売れたら利益を最大化」の視点 
L3 -    前へ  |  次へ 
3. 忘れがちな「売れたら利益を最大化」の視点

画像クリックで拡大
Knowledge Point :

 需要変動に対応し、「作ったら直ぐ売れる」「売れたら利益を最大化する」を実現することで、今期の売上、利益最大化します。この「売れたら利益を最大化する」を見逃しては、ERP導入成果は半減します。
L3 - 詳細ページ内容
S) サマリー
A) 全表示
1) 失敗の道を突き進む準備不足のERP
2) 企業存続に不可欠な「売れたら利益を最大化」の視点
3) 製品・サービスの品揃え最適化の実現とは
4) 「売れたら利益を最大化」する視点
5) 市場・顧客の「生活の質」を向上するプロジェクト

1)失敗の道を突き進む準備不足のERP
 殆どのプロジェクトが、現場部門との協議を進めれば進める程、解決しなければならい問題、課題が難題として積み上がり、追加機能の開発、追加予算の申請、C/Oスケジュールの変更・承認など、出口の見えないプロジェクトへと突き進み始めます。 詳細を読む
2)企業存続に不可欠な「売れたら利益を最大化」の視点
 需要変動に対応し、「作ったら直ぐ売れる」「売れたら利益を最大化する」を実現することで、今期の売上、利益最大化を実現します。これは、現場の役割です。 詳細を読む
3)製品・サービスの品揃え最適化の実現とは
 「売れたら利益を最大化」できるよう製品・サービス毎の利益(V)の大きさを明確にした上で、限られた生産能力枠を有効活用し、品揃えの最適化を実現する必要があります。何故なら、売上、利益の最大化は、Σ(V x N)の最大化で実現するからです。 詳細を読む
4)「売れたら利益を最大化」する視点
 PPM分析に沿った販売戦略を実施していれば、安定した売り上げを実現するCash Cow領域の製品・サービスの(V x N)が如何に大きいかが分ると思います。まず、これらを優先し、確実に売上、利益を確保する需給GAP調整を行います。 詳細を読む
5)市場・顧客の「生活の質」を向上するプロジェクト
 ERPは、市場・顧客が製品・サービスを欲しいと思った時にそれを提供することで、市場・顧客の「生活の質」を維持、向上することに貢献するシステムです。 詳細を読む
Page : サマリー

関連・参考情報 =>
投稿日付 =>2012-07-08 22:22:44
Remind and Explore Your Knowledge of カテゴリー : ERP失敗考察
学習内容:
 市場・顧客優位の経営環境は、企業優位の全体最適を否定。「見えなくなった需要」の変化に追随する新しい全体最適が必須。
科目:
1. システムアーキテクチャー  2. 運用管理  3. バージョンアップ  4. 多国籍言語サポート  5. 拡張性  6. 導入、利用コスト  7. サポート体制  8. 生販調整機能  9. 生産管理機能  10. 調達管理機能  11. 販売管理機能  12. 納期回答機能  13. 出荷管理機能  14. 在庫管理機能 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com