| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-08-09
 
L1 | コアバリュー | 企業存続 | 人材育成 | 全体最適モデル | リエンジニアリング | ロジカルシンキング | ビジネスモデル | ERP失敗考察 |
- L2 - I. リエンジニアリングの基礎知識 | L2 Topへ |
  - L3 - 7.経営、開発、現場の役割分担とは? 
L3 -    前へ  |  次へ 
7. 経営、開発、現場の役割分担とは?

画像クリックで拡大
Knowledge Point :

 今でも、役割分担し、皆で働いていますが、何が違うのですか?
L3 - 詳細ページ内容
A) 全表示
1) 回答
2) 説明

1)回答
 経営、開発、現場の役割分担は、ただ単に働くことを分担するのではなく、それぞれの専門性、知識を活かし、企業存続を実現する役割を分担します。
 売上、利益最大化を実現するのは、プロセス、製品・サービス、知識の3つの経営資源です。プロセスは今期の売上、利益を、製品・サービスは来期・再来期の売上、利益を、知識は将来の売上、利益を最大化する経営資源です。
 それぞれ、現場、開発、経営が役割分担し、市場・顧客の変化に追随できるようにリエンジニアリングします。
 需要変動に追随するサプライチェーンの構築、ニーズの変化に追随する製品・サービスの開発、どんな変化にも対応する経営資源、特に知識の準備、最適化の3つを現場、開発、経営で役割分担し、企業存続を実現します。
Page : 1

2)説明
 消費社会の旺盛な需要に支えられていた成長期は企業優位の時代で、企業間競争に勝つことが企業存続の基本でした。
 しかし、1990年代後半から実体経済が消費社会優位、安定した需要の成熟期にパラダイムシフトし、企業間競争力だけでは企業存続を実現できない時代に変化しています。
 価値観が多様化し、厳しく製品・サービスの付加価値を評価、取捨選択する市場・顧客の高い評価を得ることが、企業存続の最優先事項に変わっています。
 市場・顧客の高い評価を得るには、市場・顧客の変化に迅速、タイムリー、的確に追随しなければなりません。
 市場・顧客の変化によって発生する3つの不確実性(市場・顧客の需要変動、製品・サービスニーズの変化、不透明な将来)に適切に対処できるよう、サプライチェーン、製品開発、将来動向などの専門的知識を活かし、役割分担することが必要になっています。
Page : 2

関連・参考情報 =>
投稿日付 =>2013-02-22 13:49:19
Remind and Explore Your Knowledge of カテゴリー : リエンジニアリング
学習内容:
 需要変動は現場プロセス、ニーズの変化は開発プロセス、不透明な将来は経営プロセスのリエンジニアリングで追随を。
科目:
1. 企業と市場・顧客の関係  2. 企業経営の仕組み  3. 経営の正しい問い  4. 利益最大化の仕組み  5. 市場・顧客、需要の創造  6. 改善活動と問題把握の基本  7. 現場プロセスのリエンジニアリング実現 
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com