| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 - 全体最適モデル 《 L1 - 全体最適モデル:No. 18  | 前へ | 次へ
利益最大化はPPM分析とPLM毎の需給ギャップ調整で?
 実体経済は成長期から成熟期に移行し、売上主義から利益主義へ科学的な経営変革が必要です。企業存続に必要な売上、利益最大化は、従来の経営管理には無い新しい管理指標=Σ( N x V )最大化で実現する時代です。  需給ギャップ調整で、最適品揃え、かつ、PPM分析に沿った製品・サービス毎の生産活動等の優先順位づけで、Σ( N x V )最大化を実現するサプライチェーン計画が必要です。
...続きを読む | 元のページに戻る |
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com