| トップ | 目次 | キーワード検索 | ダイジェスト | 経営革新 | 意思決定 | Q&A | Download | 腕試し | セルフ学習 | 知識開発 | ドラッカーと経済 |
サイトオーナーTwitterフォロワー数:15,700 as of 2022-06-29
 
L1 - 全体最適モデル 《 L1 - 全体最適モデル:No. 17  | 前へ | 次へ
迅速な最適品揃えは需要ギャップ調整能力向上で実現?
 パラダイムシフトで市場・顧客の需要が見えなくなり、需給把握、ギャップ調整メカニズムが変化しています。需要予測では最適品揃えは実現できません。需要変動に追随する需給ギャップ調整で行う時代です。  需給ギャップ調整能力を高め、市場・顧客の需要変動に追随し、販売機会最大化、過剰在庫防止、在庫損失ゼロ化で、企業存続に必要な今期の売上、利益最大化を推進します。
...続きを読む | 元のページに戻る |
KP104.com関連サイト |  会社情報 |  WEB_CPS Appl |  K-System |  お問い合わせ |  A4紙飛行機 |
Copyright (C) 2006-2022 株式会社ナレッジポイント All Rights Reserved. Official site ; www.kp104.com