高まる不確実性、未来に向け経営革新する時代!

21世紀はIT、DX、SNS時代。生産性向上を目指し、企業や社会にソフトウェアが組み込まれ、社会全体のブラックボックス化が進行する時代です。しかし、企業は従来の考え方でIT、DX化を推進しても成果は得られないでしょう。何故なら、実体経済は産業優位から消費者優位にパラダイムシフトしているからです。製品サービス開発も生産販売プロセスもプッシュ型からプル型に完全シフトすることが企業存続の最低条件です。では、パラダイムシフトに追随する企業全体のリエンジニアリングをどう実現するか、経営の論理的科学的な手法が求められています。

キーワード検索(サイト内)

経営存続を阻害する3つの不確実性

企業は存続しなければなりません。企業は存続してこそ価値があり、それが経営者の役割です。しかし、簡単なことではありません。今の利益、数年先までの利益、将来の利益を確実にゲットしなければなりません。

企業を取り巻く経済の基本知識

経済は企業と私達の生活を支える基本的な仕組みです。経営は企業を取り巻く複雑な経済環境にどう対処すべきか、それを解き明かす経済の基本知識が必要です。企業、社員、消費者が実体経済循環でどの様な役割を果たしているか適切に理解することが必要です。

パラダイムシフト

経営の不確実性が増した21世紀、繁栄を極めた20世紀の産業社会優位の経済社会は、どう変化していくのでしょう。それを理解し、3つの不確実性に対処するリエンジニアリングを推進できれば、21世紀の企業、経済社会は更に繁栄するでしょう。

リエンジニアリング

デジタル時代、如何にして経営存続を実現するか、企業活動全体のリエンジニアリングが求められています。従来の組織論、マネジメント論ではなく、競争力のある付加価値を提供し続ける為に、現場、開発、経営の本来あるべき役割分担を明確にし、それを実現する経営変革が必要です。

WEB CPSロジカルシンキング

経済社会は発展し、複雑化しています。また、一般的に企業組織も大きくなり、経営から現場まで意思決定の関係者が多岐にわたり、迅速、タイムリーな意思決定が難しくなっています。

論理的に考える行為とは

さて、考えるとはどのような行為なのでしょう。よく考えましょうと言うだけでは、科学的論理的に考えることはできません。皆が同じように考え、同じ答えが得られるよう物事の変化を科学的理論と知識で再現、制御、シミュレーションできるよう変化のプロセスを知識化することです。

ブレーンストーミングは問題解決の始まり

関係者が集合し、忌憚の無い意見を述べ、それらの関連性、類似性でいくつかに分類することで、大まかに認識をすり合わせる。あるいは、初めに課題を明確にし、ある程度の範囲で意見を分類、集約する。でもこれは改善、時にはリエンジニアリングの始まりに過ぎません。誰もがわかる、あるいは参加できるプロセスとして定着させる必要があります。

ナレッジコラボレーション

現代社会では、誰もが学問、学習し新しい知識、技術を獲得しています。学問、学習手法は学校教育から企業教育へと継続し、知識は蓄積していきます。でも、例えば社内の様々な知識を論理的科学的に組み立て企業経営に役立てるのは容易ではありません。その仕組み。ナレッジコラボレーションを提供するのがWEB_CPSです。